兵庫県立大学
高度産業科学技術研究所 兵庫県立大学 UNIVERSITY OF HYOGO
ニュースバルのご紹介
高度産業科学技術研究所詳細
21世紀播磨科学技術フォーラム
設置目的 沿革 組織 成果・報告 アクセス リンク
Now you are:TOP page >>About LASTI


高度産業科学技術研究所詳細

研究所長の挨拶


高度産業科学技術研究所所長 渡邊 健夫

高度産業科学技術研究所所長

 渡邊 健夫
   
  高度産業科学技術研究所は兵庫県立大学付置研究所で、平成6年4月に設立されました。当研究所では光科学技術を中心とした先端的研究を推進すると共に、県内企業等との共同研究により新産業技術基盤の創出を図り、産業支援を行うことを目的としています。このため、国内有数の放射光施設「ニュースバル」を設置しています。
    高度産業科学技術研究所は、ニュースバル放射光施設での研究活動を通じて、産業支援の活性化に併行して本来大学が担っている基礎研究の発展に尽力しており、今後も兵庫県から先端科学技術の発信に努めて参ります。今後ともご支援の程を宜しくお願い致します。
    ニュースバル放射光施設は、平成10年に1.5 GeV電子蓄積リングと2本のビームラインが完成した軟X線の中型放射光施設であり、国内でこの規模の放射光施設を有している大学は兵庫県立大学のみです。この中で平成12年より共用を開始しました。これまでに、9本のビームラインを整備し、極端紫外光応用、ナノマイクロ加工とナノバイオ応用、産業分析と新素材開発、およびレーザーコンプトン散乱ガンマ線応用など、放射光利用研究に使われています。 平成20年には、放射光ビームラインBL5を整備し、産業分析利用企業による合同会社シンクロトロンアナリシスLLCの協力を得て運営しています。また「21世紀播磨科学技術フォーラム」では、研究所設立当初からご協力頂いた会員企業と、定期的なセミナー開催や討論の場を持ち、新産業基盤創出の指針としています。
    極端紫外光からガンマ線まで利用可能な、ニュースバル放射光施設を先端研究や産業利用に広く有効利用されることをお勧め致します。

高度産業科学技術研究所について

高度産業科学技術研究所の詳細 パンフレット
設置目的
沿革
組織(研究部門)
成果・報告
案内地図、交通手段
研究所スタッフ、電話番号



▲return to the top

(c) UNIVERSITY OF HYOGO All rights reserved.
 兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所
 〒678-1205
 兵庫県赤穂郡上郡町光都3丁目1番2号 兵庫県立先端科学技術支援センター内
お問い合せ先
TEL:0791-58-0249
FAX:0791-58-0242