NewSUBARU Data Analysis Report

ニュースバで行った加速器に関するデータ解析の報告です。
特にフォーマットは決めていませんが、スタディーレポートに準じます。
提出は、電子ファイルを shoji@lasti.u-hyogo.ac.jp (庄司)ヘ送って下さい。紙印刷でも結構です。
閲覧はニュースバル制御室のファイルをご覧ください。一部はネットワークからpdfを閲覧可能です。
1997~2007年のレポートはこちら

テーマ 報告者 報告日 レポート番号
2008
ビーム不安定性発生の記録(2008#2サイクル) 橋本 06/24 NSDA-08-01
2002 年2月から2008 年4 月までの寿命変化 庄司 08/05 NSDA-08-02
Horizontal steering補正値の年変化 庄司 10/07 NSDA-08-03
NS放射光光軸・光量安定化WG --加速器側の対応状況 橋本 10/09 NSDA-08-04
クライストロン真空ポンプモニターのログ 宮本 12/03 NSDA-08-05
Klystron vacuum failureの out-put power依存 庄司 12/11 NSDA-08-06
2009  
2008夏期真空作業後の運転パラメーター復旧状況 庄司 05/10 NSDA-09-01
SR5からの可視放射光の偏光 庄司 07/28 NSDA-09-02
2010  
RF 周波数変更の時の注意 皆川 04/13 NSDA-10-01
L4BT応答測定の再解析 竹田 10/04 NSDA-10-02
Normal Sextupole Correction Windings 庄司 11/02 NSDA-10-03
2011  
Data Analysis of ‘Horizontal’ Steering Response 庄司 01/24 NSDA-11-01
Data Analysis of ‘Vertical’ Steering Response 庄司 01/27 NSDA-11-02
NS調整--- 1.5GeV加速直前のSteering値比較 皆川 02/01 NSDA-11-03
チューン変動調査 篠本,庄司 01/28 NSDA-11-04
Calculation of Amplitude Dependent Orbit Shift 庄司 02/24 NSDA-11-05
Re-Analysis and Summary of β Function Data 庄司 04/12 NSDA-11-06
蓄積リングの新しいモデル(近隣電磁石ヨークとの干渉効果) 庄司 04/12 NSDA-11-07
NewSUBARU の Sextupole Model 庄司 04/13 NSDA-11-08
蓄積電流依存チューンシフト 庄司 07/07 NSDA-11-09
Pulse-to-pulse fluctuation of the linac beam 庄司 12/06 NSDA-11-10
Unintentional change of Twiss parameters of L4BT beam 庄司 12/14 NSDA-11-11
2012
1.5 GeV寿命改善 庄司 02/01 NSDA-12-01
2012 年真空作業後の運転パラメーター回復 庄司 05/10 NSDA-12-02
ニュースバルの入射効率履歴 庄司 05/11 NSDA-12-03
Data Summary on the Bunch Structure of the Linac Beam 庄司 05/21 NSDA-12-04
データベース上のCurrent から I tau を計算する方法 庄司 06/22 NSDA-12-05
L4BT Q-scan in 2012 庄司 11/02 NSDA-12-06
Data Base data から見たビーム軌道安定性 皆川,庄司 12/13 NSDA-12-07
2013
Local bump を使った skewQ 探索の誤り 庄司 01/11 NSDA-13-01
第2サイクル立ち上げ時のLinac Beam 庄司 06/18 NSDA-13-02
高速振り分け前後でのビームの積上げ、TopUp 運転について 皆川 06/21 NSDA-13-03
2014
Modulation of vertical beta function 庄司 02/07 NSDA-14-01
Amplitude Dependent BPM Signal 庄司 02/17 NSDA-14-02
2015

updated by Shoji on Feb. 7, 2014