電子蓄積リング用真空計
  蓄積リングの真空は蓄積リングのビーム寿命を決める重要な要素の一つです。「電子ビームの寿命が10時間」といえば、電子が気体分子と衝突することなく、ほぼ光速で10時間走り続ける事を意味しています。このような状態となる為には、蓄積リングが10^−9Pa程度の超高真空に保たれていなければなりません。
  ニュースバルではSPring-8真空グループと協同で、放射光起因の電子の影響を受けずに、正確な真空度を測定できる真空計開発を行っています。
発表論文
◆放射光リング用真空系開発

戻る