お知らせ

【第1種放射線取扱主任者試験】学生2名合格

 放射線取扱主任者免状は原子力規制委員会が与える国家資格で、3種類(第1種、第2種、第3種)あります。その中で第1種は難易度が最も高く、試験合格率は20〜30%程度です。
 高度研ビーム物理学講座では粒子加速器やガンマ線などの研究を通して学生がより高度な知識や技術を習得することを目指しており、本資格の取得を推奨しています。
 今年、修士学生二名(武元亮頼、山口将志)が第1種放射線取扱主任者試験に合格しました。
 今後も本研究所は高度な知識や技術を有する研究者や理系人材を養成して行きます。

ページ先頭へ